02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

昭和町 フカサワ温泉 

家から割りと近くにありながら中々行けなかった温泉が昭和町のフカサワ温泉

DSC05689_convert_20170313181133.jpg

創業27年と温泉にしては老舗という程ではないが平日の早い時間から地元の方々で賑わっており、週末か?!と思ってしまうほど。
聞けば温泉の前はシイタケの栽培をやっておりましたが急遽、温泉業にシフトしたそうです。
当時の甲府の知り合いの事業所から温泉が出て入りにいくとなかなか良く、その時出ると言われていた自分のシイタケの事業所もそれで温泉を掘ること(もう出てた?)を決意したそうです。。

館内に入ると熊の剥製に目がいきます。

DSC05692_convert_20170313181235.jpg

なぜ熊の剥製が??

DSC05690_convert_20170313181153.jpg

甲府周辺の温泉の色は茶褐色という特色を持ってます。。

DSC05691_convert_20170313181212.jpg

加温なし、というのがいいですね。
ホントの天然温泉ですね。。

浴室はお客さんが多かったので拾い画で。。

blog_import_5247beea8f4d2_convert_20170313182736.jpg
※拾い画です

室内湯×2
露天風呂が1です。。

131555237113113307184_convert_20170313182718.jpg
※拾い画です

この規模でも結構お客さんが来るので洗い場4つでは若干少ない感じはしますね。
しかし、地元の人らしく譲り合ってうまく使っています。。

温まります。
この茶褐色の湯を見ると甲府(周辺)の温泉だなぁ、と思いますね~。。

ぜひ、この辺りにお住まいの方はフカサワ温泉に入り、改めて地元の温泉を感じて下さい。。

スポンサーサイト

[edit]

マーク・ジュリアナ 


ひょんな事からジャズ・ミュージシャンのマーク・ジュリアナというドラマーを知った。
ここ最近ジャズの流れが自分の中に来ている。。

DSC05685_convert_20170312152735.jpg

「My Life Starts Now/Mark Guiliana」(2014)

この作品はドラマーの彼が主体となり作ったアルバムだそう。
ドラマー主体(リーダー)での作品となるとドラムが前面に出てくる叩き捲くりみたいな音を想像したが、これはいたって前に出すぎず地味すぎずで中々良い作品。 ドラマー目当てで聴くというより一つの作品としてとてもいい作品だと思う。。
お気に入り。

彼を初めて知ったのは実はこの作品ではなくこちら。

DSC05686_convert_20170312152756.jpg

「Heritage/Lionel Loueke」(2012)

一見ヒップホップ的にも見えるジャケだが聴くとそこはジャズ。
アフリカ出身のリオーネル・ルエケの作品でドラムを叩いてるのがマーク・ジュリアナ。
いわば自分の中でこのドラマーがキーマンになってきている。

ま、こちらは結構ドラムが耳に入るというか目立ちというかで気に入っているし、何より作品が南国の昼下がりを想像させ聴いててのどかな気分にさせてくれる。

で、なぜに、このマーク・ジュリアナというドラマーに僕が関心を寄せているかというと…

DSC05438_convert_20161223200920.jpg

そうなのです。
デヴィッド・ボウイの「★」に参加してるミュージシャンなのです。
彼がこの作品で叩いてます。「★」をさらに掘り下げていくと実に様々なミュージシャンか絡んでいる事が分かります。
このダニー・マッキャスリンやマーク・ジュリアナが属しているジャズオーケストラにD・ボウイの方から「一緒にやってみたい」と言ったのかプロデューサーのトニー・ヴィスコンティが「一緒にやらないか?」と声を掛けたかは分からないが結果的に「★」はジャズテイストある作品となっている。
そして、グラミー後部門受賞。
授賞式で代理で賞を受け取りに来たのはプロデューサーのトニー・ヴィスコンティでもなく、息子であり映画監督のダンカン・ジョーンズでもなく「★」にサックスで参加していたダニー・マッキャスリンというミュージシャンだというのがいいね。

ボウイの人間性、魅力がとても表れている様に思う。。

いまだ「★」に惹かれ「★」から派生する作品を追いかけていく自分がいる。。
今になって、いろいろ知ることがあるね。。

[edit]

ノスタルジック2デイズ  


先週18日、パシフィコ横浜で行なわれたノスタルジック2デイズに行ってきた。。
まず先に、今回のノスタルジック2デイズに行くにあたりFMFUJIリスナーさんからチケットを譲って頂いた事に感謝します。。
会場30分前位に到着しチケットを譲って頂いたリスナーさんと合流ししばし談笑。

そして、10:30オープン!

DSC05596_convert_20170220144044.jpg

入って直ぐ目に入ったインパクトある車がこれ!

DSC05659_convert_20170220144929.jpg

アニメから飛び出してきたダブルエックス!メカドック世代なら狂喜。

で、もう日本を代表するノスタルジックカーでもあり超希少、超高額値でも取引されているトヨタ2000GT。

DSC05597_convert_20170220144117.jpg

この赤の2000GTは2015年に関東を襲った水害で水没されたにも関わらず必死の復元作業が行なわれ、このような姿に戻ったそうです。。

2000GTはとにかく目に普段つかないということもあるので目が自然と向かいます。。

DSC05601_convert_20170220144149.jpg

なんとこれ、ロッキーオートというショップが手掛けたレプリカだそうです。。

DSC05600_convert_20170220144136.jpg

ある意味、とても快適そう。いいね、これ♪
よく作ったなぁ~

2000GTをさらに見てくと、あのジェームズ・ボンドがスクリーンの中で乗ってたあの「ボンドカー」がありました。。

DSC05634_convert_20170220144504.jpg

これは凄いね…

DSC05647_convert_20170220144731.jpg

横のラインが美しい~。
昔の手書きでデザインされた流線型のスタイルがホント美しい!!

会場内のショップブースで2000GTの新品ホイール売ってたけど、、

DSC05613_convert_20170220144256.jpg

目ん玉飛び出す60万円!!
ってか、よくあったな、これ…

館内はパレードで車が走ってもいます。。

DSC05615_convert_20170220144338.jpg

SA22C サバンナRX-7!
このロータリー特有のパラパラパラって、音がいいね~

で、旧車といえば超定番のハコスカも多数ありました。。

L型エンジンでなくS20エンジンを積んだGT-Rが展示。カッコイイ上にこれも希少。

DSC05603_convert_20170220144219.jpg

S20エンジン!
レーシングエンジンをデチューンし市販車に載せたというのがクルママニアの心をくすぐります。

DSC05602_convert_20170220144204.jpg

こっちのハコスカもカッコよかった~

DSC05626_convert_20170220144432.jpg

深いねぇ~(笑)

DSC05627_convert_20170220144448.jpg

んで、「あっ!」と思ったのがこのハコスカ

DSC05666_convert_20170220145025.jpg

有名車。
以前、別のノスタルジックカーのイベントでも見掛けました。
カー雑誌にも時折載ってますね。。

そして、なんといってもフェアレディZ

DSC05606_convert_20170220144236.jpg

カッコイイとしか言えない…(感動)
もう少年に戻るね、、いや戻ってる。

DSC05638_convert_20170220144550.jpg

どのフェアレディもカッコヨク決まってる。
横のラインがホントいいね。。

少し前の世代のZ32もありましたが、これはなんか欲しくなりました。
今っぽく仕上げてありいいですね、これは。

DSC05641_convert_20170220144608.jpg

内装のカスタマイズもスゴイ!!

DSC05642_convert_20170220144624.jpg

昭和の高級車セドリック&グロリア
今となってはこのカクカクしたデザインが新鮮に目に映るなぁ~

DSC05620_convert_20170220144354.jpg

この頃は日本も勢いがあり元気な時でしたね。。

懐かしのあぶないデカ仕様のレパードもありました。。

DSC05622_convert_20170220144413.jpg

この角目の方が好み♪

DSC05678_convert_20170220145237.jpg

会場内では販売もしてるんですが、お値段ビックリの超高額です。。
手が入ってるとはいえネオクラシックカーのレパードがここまで高騰してるとは…(驚)

この年代の車種も多数展示してあり自身も乗ってたスカイラインRSもありました。。
通称、鉄火面が懐かしい!

DSC05654_convert_20170220144849.jpg

スカイラインRSに比べるとL20ターボエンジンを搭載したスカイラインは地味ではありましたが、今こうして完璧に手の入ったこの車を見るとなんかいいですね。。

DSC05652_convert_20170220144828.jpg

もうホント新車みたい…
CMにポール・ニューマンが出てたね、これ♪

この次の型のR31もありました。
熱心にスタッフと話し込んでる(商談?)お客さんがいました。。

DSC05673_convert_20170220145143.jpg

このR31GTS-Rもレースに出るホモロゲーションモデルとして市販されたスカイライン。
こういうのにクルマ好きは惹かれます(笑)

希少と言えばこのツインプラグのエンジンなんかもあったり、、

DSC05614_convert_20170220144321.jpg

どこにあったんだろう、どこから出てきたんだろう…??

チェリーももう見なくなったな~

DSC05637_convert_20170220144525.jpg

自分が知らないだけで一つの車種にトコトンのめり込んでるユーザーって沢山いるんだよね。。

もちろん輸入車もあります。。

DSC05656_convert_20170220144910.jpg

もう、博物館レベル

こちらはナローポルシェ

DSC05676_convert_20170220145222.jpg

ポルシェの赤はカッコいいなぁ~
バンパーも低くてカッコイイ♪

510ブルに最近のエンジンを積んだスワッピングカー

DSC05675_convert_20170220145205.jpg

展示してある車種にはこの様に最近のエンジンを載せた車種もけっこうありました。
今時のカスタムって感じですね。。

工事車両のローラーもありました(笑)

DSC05643_convert_20170220144642.jpg

これもノスタルジックカー!

AMラジオ内をチューンし、今の端末を使えるようにしてるのがスゴイ。
これなら外装の雰囲気が変わらず快適な音が楽しめていいね♪

DSC05649_convert_20170220144808.jpg

会場内のショップを見てるとビックリしますね。

DSC05667_convert_20170220145044.jpg

山梨で注文すれば「ないですね~」で終わってしまう様なパーツが普通に売ってます(驚)
このウェザーストリップはなんと型を起こし作ったというから驚き!
もうないモンは作る!そういう世界!!

DSC05669_convert_20170220145106.jpg

しかし、よくパーツあるね、、

当時モノのホリデーオート!(驚)

DSC05671_convert_20170220145126.jpg

もう表紙が……(懐)

で、特設ステージではトークショーが行なわれてみたり、、

DSC05648_convert_20170220144750.jpg

アイドルのライブが行なわれてみたり、、

DSC05663_convert_20170220145010.jpg

アイドルの女性デュオもノスタルジックというね…(笑)

と、そんなこんなで予定時間を思い切りオーバーしこの場を楽しんできました。
途中、また別のリスナーさんとも合流し、ラジオ話やクルマ話をあーだ、こーだ話し充実した時間を過ごさせて頂きました。。

DSC05661_convert_20170220144948.jpg

クルマを見に来たんですがクルマ以外にも沢山のモノを吸収できた感じがします。。
あと久しぶりに横浜来たんですが、このみなとみらいは景観に統一感があっていい街ですね~。。
帰路を急ぎ、写真撮れなかったのが残念でしたが、、

と、パシフィコ横浜で久しぶりのカーショーを楽しんできました。
また機会あれば、どこかのこういうカーショーにも行ってみたいですね。。。

[edit]

都留市 泰安温泉 


パシフィコ横浜からの帰り、昭和ICまで一直線で帰ってくるのもいいが、こういう機会を有効活用し大月ジャンクションを河口湖方面にハンドルを切った。
都留IC下車7~8分の所に泰安(たいあん)温泉はあった。

DSC_2589_convert_20170219105826.jpg

以前から大いに気になり地元温泉常連の間でも度々話題に出ていた温泉。
ちなみに銭湯登録してる温泉巡りの旅?はこの泰安温泉をもってラストとなる。。

DSC05679_convert_20170219105900.jpg

現在三代目の御主人が切り盛りする泰安温泉は銭湯というイメージからはいい意味で遠くとても清潔感ある室内、浴室に驚いてしまったほど。

DSC05684_convert_20170219105959.jpg

DSC_2591_convert_20170219105843.jpg

DSC05680_convert_20170219105914.jpg

中はとても地元のお客さんで賑わっており中には週末だけ大月からここまで通っているお客さんもいました。。
写真は撮れませんでしたが、大風呂、薬草風呂、サウナ、水風呂と充実してます。
薬草風呂があったのがサプライズでした。また、銭湯登録の温泉でサウナがあるのは嬉しい。。

で、この温泉ですがまさに銭湯登録の温泉巡りのラストを飾るに相応しい発見がありました。
というのはここは「薪」だそうです…(驚)

今時、薪を燃料とし風呂を沸かしてる(加温)してる温泉があるとは、、、
昔は薪燃料のとこも多数ありましたが便利で手間の掛からない重油に切り替わっている所がほとんどだったのでこれを知った時には超驚きました…。

DSC05682_convert_20170219105943.jpg

御主人に薪ボイラーを見させて頂きました。
大量の薪が近くに置いてあります。。

DSC05681_convert_20170219105928.jpg

ある意味、今の時代のエコロジーにあってますね。。

とにかく驚きのラストとなり銭湯登録の温泉巡りはこれにて終わりとなります。。
あとですね、自分は地元FM局のラジオも良く聴くんですが、そこで知り合ったリスナーさんともここでバッタリ会うというサプライズが(笑)
余談ですが、ここへ来る前に行ってたパシフィコ横浜でも知人にバッタリ会ったし、ま~、あらゆる場面、場所で驚かされた一日でした。。

人、温泉との出会いはこれからも大切意にしていきたい。。

[edit]

笛吹市 石和温泉(銭湯) 


銭湯登録している温泉めぐりもあと少しという訳で平日ですが足を伸ばし石和温泉(銭湯)までやってきました。。

DSC05591_convert_20170215172736.jpg

周りは住宅街。
正直こんな所にあるんだぁ、と思ってしまったほど。
で、中入ってみて驚いたのは、食堂がメインなのかな?と思うほど、そっちのスペースが気になってしまいました。
うちもこの近所ならひとっ風呂浴びて生ビールをグビッとやりラーメン食って帰りたい、と思ったほどですからw

創業昭和25年、三代目の御主人がここを切り盛りしています。
何度か内装は手を入れてるとは思いますが、それでもレトロな脱衣所です。。

DSC05594_convert_20170215172803.jpg

このちょっとゴチャとなってる感がなんかいいな、と…(笑)

DSC05593_convert_20170215172750.jpg

なぜ、バーベルが?!

で、浴室&浴槽ですが通常風呂、水風呂、電気風呂、スチームサウナですね。
洗い場は昭和レトロ温泉の定番、壁固定シャワーで配置しております。。

人がいなかったのでパチリ。

DSC05595_convert_20170215172817.jpg

壁絵が富士山なのがいいですね~。らしくて。
この後、地元のお客さんがドワッと来ました。
この浴室スペースから5~6人来ちゃうともう満員みたいな感じですね(汗)
でも、かな~り堪能できました。。

遠くから来てはいますが、やはり近所にあったらなぁ~と思ってしまいますね。。
そう自分が思ってしまうほど地元の方の社交場の様に僕の目には写りました。。

DSC05589_convert_20170215172719.jpg

ぜひ、近くの方、銭湯好きの方、レトロ風呂の好きな方は行かれてみて下さい。。

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード