10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

究極の「静」な音の世界 


タイトルにあえて「究極」という文字を入れさせてもらった。
そうしたいほど究極の音世界だからだ。

DSC05214_convert_20160928223211.jpg

「Selected Ambient Works Volume II/Aphex Twin」(1994)

エイフェックス・ツインのセカンドアルバム、アンビエントワークス ボリューム2。(2枚組)
エイフェックス・ツインというと電子音が騒がしく恐く無機質な音が印象にあるが、このアルバムはひたすら静か。
もっと言うと睡眠導入剤的な感じすらするアンビエント音楽。

でも、ただの子守唄のアルバムでなくしっかり世界観がこのアルバムには存在する。
そして、このアルバムはエイフェックス・ツインの夢の中で鳴っていた音から作られた曲が7割というから驚きだ。
そう、これは眠りの中、夢世界の音の集合体な気がする。
とても不思議な音達。。

ひたすら静かな音のゆっくりとした流れ。
聴く人によっては退屈に感じてしまうかも知れないが、これこそが究極の静な音楽。
僕自身もこういう音楽が存在してたんだな?!と驚いている。

ブライアン・イーノのそれ、とも違う独自の音世界。
これはハマる。
一生、聴き続ける音になるだろう。。

スポンサーサイト

[edit]

« 秋の新潟の旅  |  日高市 巾着田の彼岸花 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yahoo905050.blog.fc2.com/tb.php/518-08af8ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード