10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

地獄の黙示録 

自分がよく見るブログに地獄の黙示録の事が触れられてたので綴ってみる。。

これまで沢山の映画を観てきた。
それしか趣味がないの?という位、子供の頃は映画ばっかりだった。将来の夢は映画評論家になりたいだなんて思っていたことも。
また、観た映画を大学ノートにデータや感想も記していた時期もあった。
音楽よりは映画に情熱を傾けていた少年時代~学生時代。

そんな僕の中で生涯2番目に大好きな映画がフランシス・F・コッポラ監督作品の「地獄の黙示録」だ。
何回観ただろう…。
20回は観てないと思う。でも、それに近い位は観てるだろう。。

DSC05323_convert_20161107210815.jpg

「地獄の黙示録(原題:Apocalypse Now)」(1979)

一括りにするなら戦争映画の部類に入るが、単に戦争アクション映画ではない。
とても大きく、そして深いのである。
戦争というものに関わり染まり、そして、狂気へ…

この映画は冒頭から狂気に包まれている。
普通ではない。みんな狂っている。そんなテーマで描かれた壮大な映画である。
原作はジョゼフ・コンラッドの「闇の奥」。
この表題だけで恐怖を感じてしまう…。

ストーリーは単純。
ベトナム戦争の最中、おかしくなった味方の将校を殺しに行くストーリー。
もう、これが狂ってる任務なんだよね(笑)
敵じゃなく、わざわざ遠くまで行って味方殺してくるんだから。

コッポラ監督自身も「撮っていて途中で分からなくなった」らしいから(笑)

とにかく、ただ、ひたすら狂気と恐怖が漂っている、そんな映画です。

そういえば、この映画の見所の一つが武装ヘリを超低空で飛ばし敵の拠点を攻撃するシーンがあるが、敵を怖がらす為にワーグナーを大ボリュームで流し敵地へ突入していくシーン。
これがもう圧巻なのよ!

086d8a61_convert_20161107211113.jpg

映画史上、歴史に残る名シーンじゃないかなぁ。
すさまじい迫力とスピード感、戦場の緊迫感。
圧倒され見入ってしまうシーンだ…。

ま、今年はどこかでもう一回観てみるか。。

スポンサーサイト

[edit]

« 秋の奥只見と秋山郷の旅  |  パブロックを初体験 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yahoo905050.blog.fc2.com/tb.php/533-4a5dad69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード