10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

ピート・タウンゼントの言葉 


「ロックンロールは、別に俺たちを苦悩から解放してもくれないし逃避させてもくれない。 ただ、悩んだまま躍らせるんだ。」

ピート・タウンゼント(The Whoのギタリスト)

20121005-pete-townshend-picture-x600-1349468527_convert_20170329192341.jpg

この言葉がなんか好き、そして心に刺さる。
ロックというジャンルの音楽を聴くと、その瞬間に少年の頃に戻ってしまう自分がいる。
少年の頃、悩みを色々抱えながらもロックを聴くと気分が高揚し心が躍ったあの日の事を。
で、このピートの言葉が前向き過ぎないところがいい。

なんでも、前向きで頑張ろう!きっと大丈夫だよ!みたいな言葉はあんまり好きではないんだよね。
でもこの言葉はとてもリアリティがあり重みがある。

悩んだまま躍らせる。

全てを取り除くことはできないけど躍らせる事はできるよ、と。
これがロックの持つ力、素晴らしさなんだろうと。
このピートの言葉の、地団駄を踏む感じ、青くさい感じ、がうまく表れてて凄く好きな言葉だ。。

DSC05799_convert_20170329192227.jpg

「Who Are You/The Who」 (1978)

いまだ聴いても色あせないThe Whoのロック。
底抜けにカッコイイロック。
The Whoのロックをこれからも聴き続ける事だろう。

そして、少年に戻っている自分とも会いに。。

スポンサーサイト

[edit]

« デヴィッド・ボウイ大回顧展  |  東尋坊~越前海岸の旅 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yahoo905050.blog.fc2.com/tb.php/559-6adca6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード