10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

滋賀草津道路の旅(雪の壁編) 


8時の開通に合わせての通行は本来の予定とは違い不本意ではあるが仕方ない。
一斉に通る為、交通量が多いに加え自転車の数も相当多い。
こんな多いのは初めてだな。。

白根山は火山リスクが大幅に高まっている為、付近の道、駐車場は一切駐停車禁止。
その途中にあるちょっとしたパーキングから付近の景色をパチリ。

DSC00296_convert_20170503173505.jpg

森林限界域だけあって雪と岩肌のみの景色が美しい。。

DSC00298_convert_20170503173544.jpg

抜けるような青空も美しい。。

看板には怖い文言が書かれているが、、

DSC00297_convert_20170503173529.jpg

その先もちょっと止めれるスペースがありパチリ

DSC00304_convert_20170503173600.jpg

いい景色。。
さっきの駐車場にいた車もここへ寄ってたな(笑)

ここから先はもうホント止める場所が無く走りながら景色を楽しむ感じでした。。
できる事ならもう一度湯釜を撮影したかったな、、

噴火監視員が常駐しており、かなり噴火リスクが高まっているのが分かります。。

DSC00306_convert_20170503173619.jpg

本来のルートで来るなら、この辺りに出られるのですが、むしろ今回、草津側経由で来た方が良かったかも知れません。。
交通量も多いし往復の手間も省けるんで。

DSC00309_convert_20170503173635.jpg

山の景色がホントきれい。。
アルバムの歌詞カード内の刺し絵?に使えそうな感じです。。

この辺り、山田峠の辺から雪の壁が目立ち始めてきました。。

DSC00312_convert_20170503173652.jpg

本来なら雪の壁をバックにパチリといきたかったのですが、さすがにこの時間、ここに停めるのはマズイので一旦通り過ぎて上の駐車場に止め歩いて雪の壁に向かいます。。

DSC00313_convert_20170503173706.jpg

 
 想像以上…

DSC00326_convert_20170503173755.jpg

DSC00333_convert_20170503173830.jpg

ここは6m位はあるのではなかろうか、、

DSC00325_convert_20170503173739.jpg

一番高いとこだと7~8mはあるように思えた。

DSC00332_convert_20170503173814.jpg

オートバイ、自転車を停め撮ってる人が多かった。。

DSC00320_convert_20170503173723.jpg

こういう撮り方がベストですね。高さも比較できるし。

雪の壁を堪能しここを後にします。。
再び、帰りの駐車場から。

DSC00338_convert_20170503173909.jpg

ここから先も国道最高地点があるのですが、なんとか運よく止まれました。

DSC00344_convert_20170503173943.jpg

 2172m

ここはもう大人気場所
景色も凄くいいし、、

DSC00343_convert_20170503173926.jpg

DSC00337_convert_20170503173847.jpg

今しか見れない道路標識の姿

DSC00345_convert_20170503173959.jpg

駐車する、出すの際は超注意してクルマの出し入れを行なって下さい。
クルマ、バイクに自転車、歩行者が死角をビュンビュン通るんで、、

で、次はこの先の渋峠ホテルへ止める事にしますが、もうここまで日が上がると満員御礼なので、若干離れた場所に止め歩く事にしました。それほど、クルマが多い多い!

DSC00355_convert_20170503174134.jpg

ここ渋峠ホテルはナニコレ珍百景でも取り上げられた位、ホテルの場所が珍しいのです。。

DSC00357_convert_20170503174155.jpg

群馬、長野で真っ二つ!

室内は薪ストーブもありいい雰囲気です。。

DSC00358_convert_20170503174212.jpg

メニューも豊富です。。

DSC00359_convert_20170503174230.jpg

このホテルの前も当然雪の壁です。。

DSC00353_convert_20170503174112.jpg

キャタピラに変更された専用車?!

DSC00352_convert_20170503174057.jpg

ここにはマスコット犬がいます。。

DSC00372_convert_20170503174354.jpg

沢山の人が来て嬉しいせいか落ちつかない様子で動き回っています。。

DSC00369_convert_20170503174320.jpg

シャッターチャンスが難しいww

あと、驚いた事にここまで自転車で来てる人の多いこと多いこと!

DSC00371_convert_20170503174337.jpg

スゴイ健脚です。。
草津温泉側から上ってきてるのが大半だと思われますが、、

中でも特に興味を引いたのがこれ。

DSC00374_convert_20170503174411.jpg

後輪が興味を引きますが、なんと、これリアはチューブラータイヤなのです、、
一般的には今はクリンチャータイヤがメインだし、こういう山道、しいては道に尖った石等も落ちてる可能性のある道では万一のパンクを考えメンテナス性のいいクリンチャーをチョイスしたがるものですが、このロードバイクのリアはチューブラーでした。。
と、同時に自分もチューブラーに興味が沸々と出てきたから不思議です。。
こういう場では履きませんが、普段走っている舗装路メインで履いてみようか、思案中。

しかし、このオーナー、ここから東京へ自走で帰ると言う。。
来る時は輪行だったみたいですが、ここから180km超走って帰るのはスゴイ!
総走行距離は何kmになるんだ??

世の中にはスゴイ人がいるもんだ…

そんな事をこの県境で思ってました。。

DSC00347_convert_20170503174041.jpg

ま、ここは大賑わいでスキー板履いて雪山登っちゃう人もいるし色んな人を見ました。。

DSC00360_convert_20170503174249.jpg

クルマ、オートバイ、自転車 この三つ!(笑)

DSC00375_convert_20170503174424.jpg

この渋峠ホテルを堪能し車を止めた駐車場まで戻る事とします。。
渋峠ホテルばかりでしたが、こちらもいい景色なんですよ。。

DSC00376_convert_20170503174443.jpg

青空と木々、そして雪の白のコントラストがいいです。。

DSC00379_convert_20170503174459.jpg

DSC00380_convert_20170503174525.jpg

DSC00383_convert_20170503174541.jpg

この先、横手山ドライブインを目指します。。

DSC00388_convert_20170503174638.jpg

ま~ ここも一杯。

DSC00389_convert_20170503174702.jpg

何度も天気に恵まれた事に心から感謝。。

DSC00391_convert_20170503174719.jpg

信州のサンセットポイント 100選
横手山

DSC00392_convert_20170503174736.jpg

是非、夕日を見てみたくなった、、

DSC00393_convert_20170503174752.jpg

どこ撮ってもいい絵になるよ。
いくらでも撮れる景色。。

DSC00385_convert_20170503174619.jpg

いい景色の反面、事故処理してるお巡りさんもいたりして、景色に夢中になり運転が注意散漫にならぬよう自分に言い聞かせた、そんな横手山ドライブインでした。。

DSC00384_convert_20170503174557.jpg


 ~野尻湖編に続く~

スポンサーサイト

[edit]

« 滋賀草津道路の旅(野尻湖編)  |  滋賀草津道路の旅(草津温泉編) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yahoo905050.blog.fc2.com/tb.php/568-e18d1b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード