10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

美しき福島の旅(後編) 

 ~続き

五色沼を見た後、R459→R115→R49と走り野口英世記念館を目指します。。

DSC01132_convert_20170726162128.jpg

小学生の頃、来た事あるような、ないようなおぼろげな記憶ですが「初めて」という気持ちで訪問します。。
おそらく来ていたとは思いますが記念館は新し目なので建て替えられてるとは思います。。

DSC01091_convert_20170726161326.jpg

野口英世像を前に襟を正す思い

記念館に入ると順路的に生家を先に見るよう促されます。

DSC01095_convert_20170726161344.jpg

三連休初日だけありオープンから人は多めです。。
人がいなくなった時を見計らいパチリ

DSC01100_convert_20170726161505.jpg

中の様子

DSC01096_convert_20170726161402.jpg

蚕で生計を立ててたようです。。

DSC01097_convert_20170726161422.jpg

中へ入ってみます。
中へ入り真っ先に目がいくのは英世の人生、運命を決定付けたあの「囲炉裏」です。

DSC01103_convert_20170726161624.jpg

これか、って感じで見ました。
あとは生活用品や蚕作業等の機具が所狭しと置かれていました。

DSC01105_convert_20170726161641.jpg

DSC01107_convert_20170726161722.jpg

DSC01109_convert_20170726161745.jpg

DSC01106_convert_20170726161658.jpg

庭を見て回ると母シカが植えた桑の木がありました。

DSC01101_convert_20170726161543.jpg

生家脇を流れる小川が母シカが洗物をしていた川だそうです。。

DSC01102_convert_20170726161601.jpg

それでは記念館に入ります。。

DSC01111_convert_20170726161802.jpg

英世の肖像画に気持ちが引き締まりますね。

そして、英世の名言

DSC01112_convert_20170726161815.jpg

「志しを得ざれば、再び此地(このち)を踏まず」

目標が叶わなければ帰ってこない、という鬼気迫る決意、強い決意。
この決意文を生家の柱に彫ったそうです。

DSC01098_convert_20170726161440.jpg

もう、持ってるものが違いますね。
世界の野口の産声が聞こえた気がします。。

医学の事は分かりませんが、野口英世の貢献は主にこれらしいです。

DSC01128_convert_20170726162018.jpg

野口英世は学校の授業でも取り上げられましたが、今、大人になりこの記念館を訪れてみると、とんでもない偉業を成し遂げた人なんだと改めて思いました。

DSC01115_convert_20170726161834.jpg

三度のノーベル賞ノミネート

DSC01117_convert_20170726161849.jpg

海外メディアに取り上げられた野口英世

DSC01120_convert_20170726161943.jpg

こんな凄い人がここ日本から、そして福島から出たなんて驚きです、、

英世のロボットがあり説明をしてくれるコーナーもありました。。
精巧にできてます。

DSC01127_convert_20170726162002.jpg

で、先ほどから生家から館内を見ていて、ふと気付いた事がありました。。

DSC01118_convert_20170726161906.jpg

母シカの絶対的な存在

野口英世を見に来たハズなのに、なぜか母シカの存在が観覧してる者に迫ってくる気がします。。
まさにこの母あってこの息子。

DSC01119_convert_20170726161930.jpg

日本の紙幣の顔にふさわしい偉人だと、心から思いました。。

DSC01130_convert_20170726162047.jpg

見終わり表に出て歩いてると

DSC01131_convert_20170726162108.jpg

天皇陛下もこの地へ来られていたようです。

土産屋で末廣の酒を買いここを後にします。
次は鶴ヶ城を目指します。。

磐梯河東ICから会津若松ICまで一区間乗ります。。
で、着てみたら暑い暑い…
想像以上の暑さにへこたれます、、

到着

DSC01137_convert_20170726162145.jpg

立派な城だなぁ、と思うも直ぐに東北って暑いんだなぁ、、
と、不覚にも思ってしまいました。
外国人の観光客も多いですね。。

暑いんですが天守閣に行ってみます。。
しかし、城内に入ると意外に涼しくビックリ
城内は色んな展示物があり見応え十分でした。

DSC01138_convert_20170726162202.jpg

福島って言ったら白虎隊ですね。
時代の動乱期、15~17才で構成された決死隊
のちに飯盛山で自決という悲しい結末を迎え、今に伝えられています。

そうこうしてる内に天守閣到着

DSC01140_convert_20170726162312.jpg

見晴らしが最高!

この瞬間だけは暑さを忘れる。
下の敷かれたビニールの数々がここへ来て、その意味を知った。

DSC01139_convert_20170726162248.jpg

DSC01141_convert_20170726162333.jpg

DSC01143_convert_20170726162352.jpg

DSC01144_convert_20170726162410.jpg

見入ってしまう景色。
天気も良くて最高のひと時です。。

さて、これで帰るのですが鶴ヶ城入場券を購入すると付録的に茶屋の歴史的建物も見れるようになっていて寄る事にします。
城に比べたらインパクトは薄ですが付いてきた物なので見ておこうと。

DSC01148_convert_20170726162509.jpg

いろんな人たちをここで接待したんでしょうなぁ。。

DSC01147_convert_20170726162451.jpg

DSC01146_convert_20170726162426.jpg

茶を飲むスペースもあったんですが帰宅時間も迫ってるし茶の知識もないんでここを最後に帰路へ向かいます。。
構内を歩いているとこの後テレビの放送がここからあるようで準備してますね。。

DSC01153_convert_20170726162547.jpg

DSC01152_convert_20170726162528.jpg

今回の福島旅を総括すると磐梯吾妻の絶景が今回のメインと構えていたんですが後の野口英世、鶴ヶ城と決して脇役的な観光ではなく一日通して充実しました。

一日があっという間!

DSC01156_convert_20170726162602.jpg

自分で言うのもあれですが、今回のルートも中々良かったと思います。
また来たいですね、いや、来ますとも。
その晩は福島の余韻をツマミに、購入した末廣をおいしく頂きました。。

最後の最後まで、良い一日。。。


※館内、城内の撮影は全て撮影OKの所で撮影しています
スポンサーサイト

[edit]

« 韮崎市 穴山 灼熱散策ライド  |  甲斐市 ぼんち食堂 »

コメント

お久しぶりでございます。お元気そうで何よりです。福島へいらしてたのですね?
私、地元が仙台なので福島へはよく遊びに行きました。懐かしい景色で、会津は修学旅行でも行きましたし、社会人になってからも何度も訪れました。
震災以降、観光客も減ったような話を聞いていたので、それでも外国人の方たくさんいらしてるのですね。
こうして訪れる方がいるのは有難いし、嬉しいことです。
もう、山梨に移り住んで11年になりますが、やはり私は東北の人間なので、何かと気がかりです。
時間がありましたら是非、宮城や岩手の方まで行ってみて下さい。いい温泉もあるし食べ物も美味しいものたくさんありますので。つい嬉しくなってメッセージ送らせて頂きました。またそのうちいつものところでお会いしましょう!

小豆あんこ #YjTMmlic | URL | 2017/09/12 23:40 * edit *

>小豆あんこさん

あんこさんは故郷は仙台でしたか!
東北は震災以降観光客は減ってるようですね。 しかし、今回このような素晴らしき福島の景色を目の当たりにして感激してしまいました。
東北はほんといい所です。。流れる時間もゆっくりな気がしますね。。

機会あらば宮城、岩手の方まで足を伸ばしてみたいですね。。
コメントありがとうございました。。。

RNオガッチ #- | URL | 2017/09/13 21:25 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yahoo905050.blog.fc2.com/tb.php/587-4fcfc416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード