10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

足尾銅山とその周辺散策の旅 (前編) 

お盆休みに足尾銅山とその付近へ行ってきました。。
当初、例年恒例の能登半島一周を予定してましたが、天気が完璧で来てくれなかったんで足尾に変更です。
北関東自動車道伊勢崎IC下車のR17→県73→R122を1時間ほど走り足尾入り。

その途中、やまだうどんに立ち寄り朝食タイム

DSC01227_convert_20170826184226.jpg

掻き揚げ丼とうどんのセットをオーダー

DSC01230_convert_20170826184259.jpg

今日も暑くなりそうだ、、

遠下交差点を左折しいよいよ足尾の街中に潜入します。
しばし走るともう目に入ってきたのが当時の産業遺産!

DSC01243_convert_20170826184438.jpg

この姿でいまだ現存してるとは、、

近くに車を止め散策

DSC01241_convert_20170826184409.jpg

DSC01234_convert_20170826184318.jpg

DSC01238_convert_20170826184335.jpg

DSC01240_convert_20170826184350.jpg

DSC01242_convert_20170826184423.jpg

足尾銅山の歴史を見ると自分が生まれる前の建物のよう
少なくももう50年以上は経ってるかと、、
まさに産業遺産

DSC01244_convert_20170826184451.jpg

一気に自分の生まれる前へタイムスリップ
沢山の電線と青い空がノスタルジック

足尾駅へ向かいます。。

DSC01261_convert_20170826184745.jpg

数分走って到着
そして、ここも驚かされる景色の数々…。

DSC01250_convert_20170826184526.jpg

当時の電車が役目を終え、今は長い休みに入っている模様

DSC01254_convert_20170826184543.jpg

DSC01255_convert_20170826184603.jpg

今、平成…ですよね?

駅構内に入ってみます。。

DSC01260_convert_20170826184722.jpg

DSC01259_convert_20170826184651.jpg

DSC01258_convert_20170826184634.jpg

あっ、電車が来た

DSC01247_convert_20170826184510.jpg

 一両!

なんか、もうここでかなりの衝撃度をもらい、この後に控えてる産業遺産を見て回れるのか?という位ですわ。

DSC01256_convert_20170826184617.jpg

曇りか小雨を覚悟してたけど予想外に天気も良く青空と産業遺産の時を超えた絵が素敵です。。

古川橋へ向かいます。。

道なりに進み田元交差点左折の道なりでそれは出てきます。。

DSC01269_convert_20170826184857.jpg

日本で一番最初の鉄橋だそうです。
なぜか地元おばあちゃんがガイドで色々教えてくださいました。。

DSC01270_convert_20170826184921.jpg

DSC01293_convert_20170826185356.jpg

DSC01271_convert_20170826184942.jpg

完成から120年くらいは経ってますね。
国の重要文化遺産だそうです。。
今回はもうこの橋を見るのがメイン?とでも言ってもいい位の旅です。。

が、来る前、来た今ではまた色々発見しこの古川橋周辺もとてつもなく散策のしがいがある所なのです!
なにか時空を超えてここへ来てる感じ、そういう心理がここでは働きますね。。

DSC01291_convert_20170826185326.jpg

まずは橋より右手の方を散策しに行きます。
の、前に橋の向かいにある工場もこれまたノスタルジック

DSC01264_convert_20170826184835.jpg

歩きます

DSC01274_convert_20170826185002.jpg

DSC01281_convert_20170826185140.jpg

工場跡の煙突

DSC01286_convert_20170826185201.jpg

言葉を失うとはこの事、、

この下を流れるエメラルドグリーンな渓谷も美しいです。

DSC01288_convert_20170826185228.jpg

この辺りに当時のそのまま残ってる社宅だったり家屋がまた時の流れを感じさせます。。

DSC01289_convert_20170826185252.jpg

DSC01280_convert_20170826185106.jpg

もう撮り切れないほど。

DSC01278_convert_20170826185018.jpg

さて、ここから古川橋近くに車を止め本山方面を散策しますが、熊看板がけっこうあり日は高くなってて大丈夫だとは思いますが熊除けの鈴二丁掛けで臨みます。。

DSC01279_convert_20170826185040.jpg

先ほどの古川橋近くの工場近くに停車

DSC01295_convert_20170826185420.jpg

陸橋

DSC01262_convert_20170826184810.jpg


歩けば、もうさっそく!

DSC01298_convert_20170826185440.jpg

しかし、ほんとディープな街だな、、

DSC01300_convert_20170826185502.jpg

この数々の電線がかつて栄えた足尾を物語っております。。

DSC01301_convert_20170826185521.jpg

産業遺産と青空が似合うんだよね。。

DSC01303_convert_20170826185544.jpg

DSC01305_convert_20170826185602.jpg

この積みあがった石積みは社宅がここにあった跡

DSC01306_convert_20170826185626.jpg

この先の右ルートは通行止めになってました。。

DSC01307_convert_20170826185650.jpg

草むらの中にも

DSC01309_convert_20170826185711.jpg

社宅跡

DSC01315_convert_20170826185903.jpg

足尾銅山ふれあいの道へ入ってみます。

DSC01311_convert_20170826185737.jpg

なんか出てきそう…

草と苔に覆われてますが人工物が目に付きます。

DSC01313_convert_20170826185825.jpg

一番奥の神社まで行こうと思ったけど熊除け鈴だけだと不安になりUターン

DSC01312_convert_20170826185800.jpg

催涙スプレーも持ってくれば良かったと後悔

見上げれば抜けるような青空

DSC01314_convert_20170826185843.jpg

DSC01321_convert_20170826190039.jpg

これは廃病院か?

DSC01319_convert_20170826185928.jpg

と、こんな感じで天気に恵まれ熊にビクビクし本山地区の散策を終えます。
当時この辺りに3700人もの工員が住んでいたそうです。

DSC01320_convert_20170826185948.jpg

本山地区を後にします。。

DSC01323_convert_20170826190105.jpg

さっきのガイドおばあちゃんに教えてもらった上流の堰堤に行ってみます。。

DSC01326_convert_20170826190124.jpg

橋から上を見上げアート的にパチリ

DSC01327_convert_20170826190142.jpg

DSC01330_convert_20170826190427.jpg

予想より大きい堰堤

展望台へ向かいます。。
向かう途中、小さな橋?が見えました。

DSC01329_convert_20170826190344.jpg

この堰堤公園?を眺めのいいここからパチリ

DSC01328_convert_20170826190302.jpg

堰堤散策をこれで終え足銅山観光へ向かいますが道中気になったトコがあったので道草し向かいます。。

愛宕下(あたごした)社宅跡

DSC01332_convert_20170826190529.jpg

これも貴重な産業遺産ですね。

DSC01333_convert_20170826190629.jpg

DSC01331_convert_20170827164714.jpg


少し進んだ間藤(まとう)の廃線跡

DSC01336_convert_20170826190718.jpg

DSC01337_convert_20170826190828.jpg

しかし、この辺りはトタンの平屋の家がとても多く驚きました。
実際、人が住んでるとこは撮りませんでしたが、今もこういったレトロな家屋に今も住まわれ生活されてるのに驚きました。

DSC01340_convert_20170826190954.jpg
※空き家です

感謝状

DSC01338_convert_20170826190909.jpg

この間藤地区も脳内のドーパミンが出まくりなエリアです…

DSC01344_convert_20170826191129.jpg

DSC01346_convert_20170826191216.jpg

DSC01343_convert_20170826191042.jpg

自分同様カメラ持った散策者も何人か見掛けました。
お盆休みを利用し来てるという自分となんら変わらない散策者たち。。

DSC01349_convert_20170826191419.jpg

 トイレ!便器に装飾が施されている。

DSC01347_convert_20170826191252.jpg

DSC01348_convert_20170826191337.jpg

DSC01349_convert_20170826191419.jpg

DSC01350_convert_20170826191504.jpg

DSC01342_convert_20170827164733.jpg


なんて、見応えがある所なんだ…

しばし、時間を飛ばされたこの「街」でタイムスリップ感を味わってました。。

ここ間藤から少し離れた場所にはモダンなレンガ作りの建物もありました。

DSC01352_convert_20170826191557.jpg

すでにお腹一杯になりかけた足尾散策の旅ですが、後編では足尾銅山観覧に向かいます。。


 後編に続く~

スポンサーサイト

[edit]

« 甲斐市 らーめん次郎冠者 竜王店 再び!  |  甲斐市 らーめん次郎冠者 竜王店 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yahoo905050.blog.fc2.com/tb.php/592-a07bc544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード