10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

山梨県 早川町を散策 


日本一人口の少ない町 早川町
地元県民でありながら、そんなに感心も持たなかったのだが、知人がオートバイで早川町に行ってきた時の意外な驚きを聞いた為、自分も後追いで早川町に行ってみる事にした。。

今回、二日に分けて行ってきた。

まず初日、見神の滝を目指します。。
実は早川町は数年前にもブラーッとは来てるんですが、今ほど感心を持たず文字通りのブラーッって感じで来てたので、今回はより熱を入れ回ってみます。。

早川町といえば雨畑湖(ダム湖)

DSC01665_convert_20170919154306.jpg

この日は雨に振られましたが、それが無ければかなりのエメラルドグリーンの水色が楽しめます。。

DSC01669_convert_20170919154324.jpg

この周辺道路は道幅が大変細いので御注意を。

最上流部

DSC01649_convert_20170919153936.jpg

DSC01650_convert_20170919153955.jpg

DSC01651_convert_20170919154013.jpg

この先へしばし走ると見神の滝があります。。

実質、この辺りが一般者の進入限界点か、、

DSC01659_convert_20170919154201.jpg

ここから先はしばらく行くとゲートがあり住民のみが通れる専用道みたいになってるそうです。。

で、見神の滝に到着

DSC01655_convert_20170919154120.jpg

DSC01654_convert_20170919154051.jpg

予想してた以上に落差もあり立派な滝です。。

滝つぼ

DSC01653_convert_20170919154031.jpg

DSC01663_convert_20170919154247.jpg

DSC01657_convert_20170919154145.jpg

周辺には神社も

DSC01660_convert_20170919154225.jpg

意外と整備もされており、かなり自分が予想してた感じとは違いますね。。
秋雨の降る中、滝に見惚れる良き時間。。

滝を後にします。。
しかし、ここへ来るにはホント道が細い。
くれぐれも注意してきて下さい。。

DSC01671_convert_20170919154400.jpg

で、本来ならこれで終わりなんですが、久田子の集落へ行くのに乗用車じゃ大きいので後日、軽自動車に乗り換え再度、訪問しました。
ここから二日目です。。

DSC01682_convert_20170925203302.jpg

いよいよ久田子地区へ行ってみます。。

しばらく行くと橋があります。
くたし橋

DSC01679_convert_20170925195236.jpg

DSC01680_convert_20170925195255.jpg

アートっぽい橋です。

橋から見える景色

DSC01681_convert_20170925195319.jpg

そして、ここからが集落へ通じるとは思えない一車線の林道を走っていきます。
舗装こそしてあるものの、この道であってるよね?という不安感満載の道です。。
対向車来たら絶望レベル…汗

DSC01678_convert_20170925195216.jpg

なんと一台来てしまい、なんとか、かわしたものの不安感満載です…

そして、ひらける場所に出たと思ったら…

DSC01672_convert_20170925195110.jpg

久田子地区があらわれました。。

DSC01676_convert_20170925195133.jpg

これ実際、行ってみると凄く不思議な流れでこの集落が表れるんですよ。
一車線、急勾配、落石所々ありの林道を不安感満載で走ってて景色がひらけてきたなぁ、と思ったらこの集落の景色ですから。。

DSC01677_convert_20170925195154.jpg

この集落の周りを一周できる道がありますので、グルッと回って帰る流れになります。。
家々には実際、人が住まわれてる為、近場からの撮影はしませんでした。
20世帯くらいあったでしょうか。

この景色を堪能し久田子地区を後にします。。

さて、もう1つ集落へ行ってみます。。

DSC01693_convert_20170925195704.jpg

ま、久田子地区へ向かった心構えが出来てるもののここも道は狭い…

DSC01692_convert_20170925195644.jpg

苔が生えてますもんね。。

急勾配にある戸屋集落

DSC01690_convert_20170925195600.jpg

おそらく、この農産物は出荷とかでなく半自給自足の為に植えられてるのでは、と思います。。

DSC01691_convert_20170925195622.jpg

何か、こういう生活ってより自然と人間の隔たりをなくし、本来の人と自然のあるべき姿なんだと思いますね。。

DSC01685_convert_20170925195433.jpg

かなり、ここは高いです。。

DSC01686_convert_20170925195449.jpg

向かいには雄大な山々。。

DSC01688_convert_20170925195539.jpg

ここから先へもまだまだ行けそうですが断念しました。

DSC01687_convert_20170925195520.jpg

もちろん、この戸屋地区の家々も住民の方が住まわれてるので近距離からの撮影はナシです。

欲を出してもう一つ訪問!
早川町舎の直ぐ下の橋から進入できる集落があります。。

ところが行ってビックリ廃校がありました。。

DSC01700_convert_20170925195915.jpg

旧早川南中学校

DSC01703_convert_20170925195952.jpg

現在は交流センターとして使われているそうです。。

DSC01696_convert_20170925195745.jpg

廃校の石碑

DSC01695_convert_20170925195724.jpg

水道

DSC01697_convert_20170925195810.jpg

野球フェンス

DSC01698_convert_20170925195828.jpg

鉄棒

DSC01699_convert_20170925195853.jpg

いやぁ、嬉しい誤算。
とても、なんかこうノスタルジックな気持ちに、、

DSC01701_convert_20170925195934.jpg

DSC01704_convert_20170925200015.jpg

彼岸花の咲く時期にこういう所へ来るから、よりそういう気持ちになるのでしょうか。。

ちなみにこの地区へ入るにはフェンスを開け閉めして入って来なければなりません。
動物が入って農作物を荒らす為にこの様な設置がされてるそうです。

DSC01706_convert_20170925200044.jpg

この付近の家々もとてもノスタルジックで撮りたかったのですが遠慮しました。
例えば、白川郷や奈良井宿の様に文化遺産として大々的にメディア公になっているのであれば、表札等のプライバシーを外し撮る事もいいと思うのですが、ここは僕から見たら珍しく映っていても住民の方からしたらごく普通の生活の場なんですよね。。

集落の帰りに橋の上から

DSC01707_convert_20170925200108.jpg


今回の早川町散策はとても充実しました。。
地元県民でありながら大発見の数々!

DSC01684_convert_20170925195416.jpg

紅葉の時期なんかも撮りがいのある景色を提供してくれそうです。。

DSC01683_convert_20170925195356.jpg


 ではまた。。。

スポンサーサイト

[edit]

« 甲府市 高砂湯 創業90年の歴史に幕  |  クラスター&イーノ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yahoo905050.blog.fc2.com/tb.php/597-cfd6f037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード